Shopify 新APIの仕様に関するご案内

コンビニの支払い期限は「2日」の設定をお勧めしております。

【コンビニ】支払い期限は変更する方法

  1. Shopify管理画面のPendingには「72時間の期限」が設けられています。
    注文作成から72時間が経過するとShopify管理画面内の注文は「期限切れ」へ変更されますが、確保されている在庫は放出されません。(在庫に戻りません)
  2. KOMOJUの支払い期限を「3日以上」に設定し、「期限切れ」の注文に対し支払いをした場合、Shopifyの注文も「支払い済(Paid)」にすることは可能です。
    この場合、確保されている在庫が有効となるため、在庫のマイナスは発生いたしません。


    【追加情報】

    1.注文内で一度確保された在庫は、マーチャント様にてキャンセルを実行しない限り、在庫を確保し続けます。(自動的に在庫に戻る方法はございません)

    2. 確保された在庫を戻すには、Shopify管理画面内より手動で注文をキャンセルをする必要がございます。

    3. KOMOJUは現在、この問題の解決策をShopifyと共に検討中です。
    そのため、現在公開されているアプリはこの後、再度のアップデートがある可能性がございます。(新APIアプリ導入後のアップデートは自動更新されます)

    4. 本仕様で運用が難しい場合は、2022年6月末までは現行API(HPSDK)のままで運用いただくことが可能です。

    ※新APIに接続完了後、現行のAPI接続に戻すことは可能です。
    Shopify管理画面で新APIを削除し、現行の接続方法で再接続することで、Shopifyのサポート期限までは元の仕様でご利用いただけます。
    【Shopify 現行APIの接続方法】

ヘルプが必要ですか? お問い合わせ お問い合わせ